サッカーは見るより『やる!』。サッカー用品を買ってすぐやろう!!
サッカーワールドカップの日本代表の活躍を見るのも楽しいけど...
やっぱり、サッカーは『やる』のが一番!!広いグラウンドででボールを蹴って、汗をかく。それが最高!!

サッカーをやろう!!

FIFAワールドカップ2006 ドイツ大会、日本代表にはなんとしてもがんばってもらいたいものですね!!
キリンカップを見る限り、非常に不安ですが、120%の力を出せば、1次予選もクリアできると期待しています。
中でも最後に選ばれた「巻」選手にはがんばってもらいたいです。泥臭くボールを追いかけるフォワードは、選手やサポーターに力を与えてくれる、そんな気がします。

それは、さておき、サッカーって見るのは面白いのですが、でも実際にやる方がもっと楽しいですよね?
理由なんてありません。
単純に「青空の下でボールを蹴る」それだけで楽しいのです!!

見るサッカーとやるサッカーは別物です。
ワールドカップは国と国の戦いですから、その真剣勝負を見るのも楽しいです。
4年という時間を掛けて熟成させたチームが真剣に戦う。そして、最高の技術を見るのは何ものにも変えられない楽しさです。

でも、でもですよ。
やるサッカーは別の楽しさなのです。
ただ、ひたすらボールを追いかけて蹴る。そしてゴールを決める。そして勝つ!!
そして美味いビール(未成年は、スポーツドリンク)。
これだけで何も入りません。

皆さんも、やりませか?
サッカー。

サッカー用品ならこのサイトでご覧いただければ、すぐに揃えることができます。
あとは、場所とメンバーです。

場所は、関東加盟フットサル施設一覧 を見てください。
日本全国の主要なフットサル競技場の連絡先が記載されています。

あとは、メンバーですね。
メンバーも大丈夫です。
会社の仲間や昔の友達に電話してみましょう!!きっとみんな、サッカーがやりたいはずです。

 

サッカー用品レプリカ
アディダス 日本代表 ホーム レプリカ ジャージー ジュニア ジャパンブルー/ホワイト 160 H8655 818090

アディダス 日本代表 ホーム レプリカ ジャージー ジュニア ジャパンブルー/ホワイト 160 H8655 818090

価格:¥ 9,345
DESIGN CONCEPT
ジャパンブルーハーモニー
美しい海に囲まれた国土から、世界へという次なるチャレンジに向けて、大空に羽ばた ...
 
アディダス アルゼンチン ホーム ジャージー ホワイトーAFAスペシャルブルー/ブラック L V5297 739802

アディダス アルゼンチン ホーム ジャージー ホワイトーAFAスペシャルブルー/ブラック L V5297 739802

価格:
アルゼンチン代表のレプリカユニホーム。公式戦着用モデル。トレードマークのホワイトとライトブルーのラインはもちろん、胸元のアルゼンチンチームのロゴ、両肩 ...
 
アディダス アルゼンチン アウェイ ジャージー ニューネイビー/AFAスペシャルブルー/ホワイト S H8528

アディダス アルゼンチン アウェイ ジャージー ニューネイビー/AFAスペシャルブルー/ホワイト S H8528

価格:
 
アディダス ドイツ ホーム ジャージー ホワイト S H2411 450353

アディダス ドイツ ホーム ジャージー ホワイト S H2411 450353

価格:
ドイツ代表のレプリカユニホーム。公式戦着用モデル。白を基調とした独特のカラーリングはもちろん、胸元のドイツチームのロゴ、両肩の3本ラインなど細部にまで ...
サッカー用品ウェア
プーマ レッド・イエロー カード レッド/イエロー 88069801

プーマ レッド・イエロー カード レッド/イエロー 88069801

価格:¥ 630
 
プーマ レフェリー カードケース ブラック 88069901

プーマ レフェリー カードケース ブラック 88069901

価格:¥ 735
 
アディダス 3ストライプストッキング ホワイト/ロイヤル/トロ 25-27 R0071 750238

アディダス 3ストライプストッキング ホワイト/ロイヤル/トロ 25-27 R0071 750238

価格:¥ 1,474
 
ヒュンメル ジュニアウォームアップシャツ ロイヤルブルー 150 HJT2009 63

ヒュンメル ジュニアウォームアップシャツ ロイヤルブルー 150 HJT2009 63

価格:¥ 7,140
サッカー用品ボール
アディダス(ボール) +チームガイスト ミニ   AMS213

アディダス(ボール) +チームガイスト ミニ AMS213

価格:¥ 2,119
 
サッカーボール練習球 FF451 4号

サッカーボール練習球 FF451 4号

価格:¥ 2,205
 
アディダス(ボール) +チームガイスト ルシアーダ   AS5804

アディダス(ボール) +チームガイスト ルシアーダ AS5804

価格:¥ 5,197
2006年のドイツワールドカップ試合球レプリカモデル。ドイツ代表のチームカラーである白と黒を基調に、黄金の優勝トロフィーの金色をアクセントに添えたデザ ...
 
アディダス(ボール) +チームガイスト ルシアーダ   AS4804

アディダス(ボール) +チームガイスト ルシアーダ AS4804

価格:¥ 5,008
2006年のドイツワールドカップ試合球レプリカモデル。ドイツ代表のチームカラーである白と黒を基調に、黄金の優勝トロフィーの金色をアクセントに添えたデザ ...
サッカーの歴史

●サッカーの起源
元々は中世ヨーロッパの農村地帯で行われていたフットボールと呼ばれる遊び(あるいは儀式)で、村同士で1つのボールを互いの村まで運んでいくものだった、とするのが定説である。いつ、どのような目的でこのような遊びが始まったかはよく分かっていない。
サッカーもラグビーも起源は同じであり、当時は明文化されたルールはなく、手を使おうが足を使おうが何でもありで、参加人数も決まっていなかった。多くの地域に共通するルールとして「一点先取」したほうが勝ちというルールが採用されていた。そのため決められた地点にボールを持っていくまで、何日間も試合が終わらないという事態が度々あった。

死傷者も多く発生し、他人の財産を傷つける事もしばしばあったため、ヨーロッパでは時の国王がしばしば「フットボール禁止令」を発令している。イングランドの一部地域では現在でもこのようなクラシックなフットボールが祭典として行われている。 こうした農村での遊びとしてのフットボールは、近世までヨーロッパ各地で行われていたが、近代が始まり産業革命によって、大量の工場労働者を生み出すために農村の共同体が崩壊させられた事によって次第に廃れていった。

農村の代わりにフットボールをレクリエーションとして受け入れ、近代的な「スポーツ」として成立させたのがイングランドにおけるパブリックスクールである。パブリックスクールでも当初は農村での遊びに近い形態で行われていたが、次第に子弟に対する教育の一環としてのスポーツとして体裁が整えられて行った。この時点でのフットボールはパブリックスクール毎にルールが異なるため、学校同士の試合を行う度にどのようなルールで試合を行うか事前に話し合いがもたれていた。

当然このような形態ではルールに対する理解に齟齬を来たす上に、事前に協議する手間がかかるので、パブリックスクール同士でしばしばルールの統一を目指した協議が行われていた。こうした努力が功を奏して、1850年代までにはイートン・カレッジを中心とする手を使うことを禁止するルールと、ラグビー・スクールを中心とする手を使うことを許可するルールに大きく2分された。

しかしながら両者の間には依然としてルールの理解に対して大きな隔たりがあったため、1863年に最終的なルールの統一を目指した協議がロンドンで開催された。この協議は、物別れに終わり、ラグビー校の代表が協議の場を退席することで2つの競技(サッカーとラグビー)の決別が図られた。この瞬間こそサッカー誕生の瞬間である。

イートン校を中心とする「手を使う事を禁止する」ルールを主張していたパブリックスクールの代表によって同年にフットボール・アソシエーション(Football Association)が設立され、こうしたフットボールを協会式フットボールAssociation Footballと呼ぶようになった。このAssociation Footballを縮めた形 soc に「人」を意味する -erをつけたものがSoccerの語源であり、1880年代頃から使われているといわれている。

15世紀イタリアでもイングランドのフットボールに良く似たカルチョ(calcio)という遊びが存在した。この遊びがイングランドやフランスと決定的に異なる事は、イングランドやフランスのように農村地帯の広い空間で行われていたのではなく、都市の限られた空間である広場で行われていたことである。そのため自ずとフィールドが限定され、参加人数も限られたものとなり、簡単な役割や作戦も決められていたようでこれは現在のフットボールにかなり近い存在であったと言える。

そのためイタリア人は現在でもイングランドから輸入されたこのスポーツをサッカーやフットボールではなく「カルチョ」と呼び、フランス人と同じく自国が発祥の地だと信じて疑っていないようである。日本においては、1872年に神戸市の外国人居留地でサッカーの試合が行われたのが最初なのか、それよりも東京築地の海軍兵学校でサッカーが行われたのが先なのか、で見解が分かれている。一方本格的にサッカーが伝わり、日本人もサッカーをプレーし始めたのは1905年にイギリス人教師が東京高等師範学校(現在の筑波大)に赴任し、サッカーチームを結成したのが始まりと言われている。

●サッカーの現在
サッカーはボール以外に特に重要な道具を必要とせず、ルールも単純なため、11人でチームを作りグランドの上でプレーすると言う形態以外にも、様々な姿に形を変え、ラテンアメリカやヨーロッパを中心に老若男女を問わず、世界中のあらゆる地域でプレーされている。世界中の殆どの国でナショナルチームが組織されている事はその現われの一つである。

母数が多いため、純粋な統計を調べる事は難しいが、競技人口および国際的な認識が最も高いスポーツの一つであるといえる。この点に関しては国際サッカー連盟(FIFA)は2001年の時点で、全世界200の国と地域でプレーされており、競技人口は2億4000万人であるとアナウンスしている。([1]参照)サッカーの祭典とも言うべきFIFAワールドカップはオリンピックと並ぶ世界最大のスポーツイベントとなっている。参加国・地域数、スタジアムやテレビでの観戦者数などで、オリンピックを凌駕する。

サッカーに巻き込まれる人の数は膨大であるため、サッカーというスポーツは、その時代、地域の歴史、文化やプレーする人々の考え方等を反映する一種の鏡となり、サッカーと言う世界的な一つの共通語の上に立ってそれらの間にどの様な差異があるのかを如実に示す一つの装置になっている。このため、これら反映される事柄や、差異の間隙から現代のサッカーには様々な社会問題が反映される事がしばしばある。

●FIFAワールドカップ
FIFAワールドカップ(フィファワールドカップ、FIFA World Cup)は、国際サッカー連盟 (FIFA) が主催するサッカーの最高峰の大会で、国または地域を代表して選出されるナショナルチームの大会である。本来は「FIFAワールドカップ?」(TMを含む)が正式名称で日本国内でそれ以外の表記は一切認められていないが、雑誌や新聞等では文字数の制限などの問題から「W杯」と略されることがある。

かつて日本では「ワールドカップ」というとバレーボールワールドカップのことをさしていたが、1993年にJリーグが開幕後はFIFAワールドカップを指すことが一般的になった。世界的なテレビの視聴者数では、オリンピックを凌ぐ世界最大のスポーツイベントである。

1930年にウルグアイで第1回大会が行われ、この大会を企画・発案した当時のFIFA会長・ジュール・リメの業績を称えて作られた「ジュール・リメ・トロフィー」をかけて争われた。

1974年の第10回記念西ドイツ大会までは「ジュール・リメ杯世界サッカー選手権大会」などと呼ばれていたが、西ドイツ大会以降は「FIFAワールドカップ」が正式名称である。

FIFAワールドカップは、予選大会と本大会で構成されており、本大会は4年ごとに行われる。予選大会は、本大会前に各地区ごとに1〜2年間かけて行われ、最終的には「プレーオフ」と「大陸間プレーオフ」が行われ全ての出場国が決まる。現在のルールでは、本大会に進めるのは32カ国。(1978年までは1930年と1950年を除き16チーム、1982年から1994年までは24チームで、32チームになったのは1998年からである。)なお開催国は予選が免除される。全出場国が決まってから、開催国で各グループリーグの抽選会が行われる。

本大会は出場32か国が4か国ごとに分かれて、グループリーグを戦い、各グループの上位2か国が決勝トーナメントに進出する。

日本が初めて予選大会にエントリーしたのは1938年のフランス大会だが、日中戦争の影響で棄権。そのため、初参加は1954年のスイス大会の予選である。本大会に初めて進んだのは、1998年のフランス大会。2002年には韓国とともに本大会を初開催した。さらに2006年のドイツ大会も出場が決定。2006年大会への出場決定は、開催国のドイツを除けば世界で一番早かったのが日本である。これまで開催国が1次リーグで敗退したことはない(これは気候や観客の声援などの他に開催国はたとえサッカーの強国でなくてもシードされることが大きく影響していると思われる。)

これまでの優勝国は、ブラジル・イタリア・ドイツ(西ドイツ)・ウルグアイ・アルゼンチン・イングランド・フランスの7カ国・地域だけである。優勝すれば次回大会の予選を免除するという規定があったが、予選が免除されることによる問題点(強化面にマイナスになることや、収入が減ること)が大きいことや、予選枠を拡大して他の国にチャンスを与えようという理由により、2006年のドイツ大会からは廃止となった。ちなみに、大会からの優勝賞金は0円であり、各国のサッカー協会が成績に応じて自国のチームに送ることが多いようだ。

また、「ワールドカップ」という名称でありながら、優勝国に贈られるのはFIFAワールドカップトロフィーというトロフィーである。これは1970年にブラジルが3回目の優勝をした際、規定で「ジュール・リメ・トロフィー」が永久保持となったため、それに代わる優勝トロフィーのデザインを一般から公募したものである。

なお、2010年第19回大会から、原則的に開催は六大陸での持ち回りとなった。2014年大会は、南アメリカ大陸で開催されるが、事実上ブラジル開催が決定的となっている。

 


 
売れ筋商品
このページの情報は
2006年5月24日11時42分
時点のものです。


このページのトップに戻る
 
Copyright 2005 サッカー用品 専門ショップ All rights reserved.
歌姫、倖田來未の世界 KAT-TUNの世界 KAT-TUN画像掲示板 オレンジレンジの世界 ラルクアンシエルの世界 パワーポイントの使い方.com PowerPointのダウンロード可能なデザインテンプレートを集めた無料サイト